東新活動事例 3

産学共同研究を通じたオリジナルブランドの構築

大学でのミーティング風景
大学でのミーティング風景

モノ作りの新たな可能性を探るため、大学との産学共同プロジェクトも行っています。

次世代を担う大学生の発想と、東新製作所の技術を擦り合わせながら、「ドットディー」というオリジナルブランドを構築しています。

今回のプロジェクトでは、レーザーカットに焦点をあて商品開発を行いました。

 

レーザーカットを活かした商品とは?

紙でも木でもアクリルにもない、金属特有のレーザーカットの可能性とは?

 

大学と東新製作所を何度も行き来し、技術を伝え、共に応用方法を模索します。

hex_DNA
hex_DNA

そういったやりとりから生まれた商品のひとつが、左の写真です。

レーザーカッターを用い、金属板を切り抜いてできたアクセサリーの試作品です。

ここまではレーザーカッターを使用したことのある業者ならば行っていることでしょう。

ただ切り抜くだけでは、他の素材のレーザーカットと大きな差異はありません。

hex_DNAを曲げて造形した様子
hex_DNAを曲げて造形した様子

このアクセサリーの最大の特徴は、ランナーを曲げて自由に造形出来るということにあります。

「曲げたカタチを保持する」という金属板の特徴を最大限に活かすことを意識しています。

金属のレーザーカットにしかできない商品が生まれました。

自分の手で手を加えることのできるアクセサリーです。

左の写真は、上の写真と同様のものです。

デザインイベントでの展示販売の様子
デザインイベントでの展示販売の様子

同じ仕組みのアクセサリーのバリエーションを増やし、パッケージも制作し、デザインイベントでの展示販売を行いました。

どのような商品が売れるのか、マーケティングを行い、次に繋げます。

 

このプロジェクトでは、デザインと技術、マーケティングをうまく融合した、モノ作りの新たな可能性を垣間みることができました。

 

通常の業務におけるレーザーカッターの使い方だけでは、このような商品開発に辿り着くことは

なかったでしょう。常に新たな風を取り込み、可能性を模索することを大切にしています。

 

ドットディーブランドの商品は、近々リリースされる予定です。是非ご注目下さい。